睡眠環境を究極なまでによくする

良い睡眠のためにしていることの第一は寝る環境です。冷え性とまではいきませんが寒がりの私は電気毛布が大好きなので、眠る30分前には電源を入れて布団を温めておきます。ただ電気毛布は乾燥するのでお肌にものどにも良くないと聞きますので加湿器は必須です。

色々試してみましたが私の好みは蒸気がシューシュー派手めに出るタイプ。アフタヌーンティーのお洒落な感じの加湿器にしています。好みのアロマを数滴垂らして部屋を快適な香りにしておくことも大事な儀式です。

夏場はできるだけエアコンは使いたくないのでダイソンの扇風機を使っています。よほど暑いときは水枕ですね。アロマは欠かせませんがスプレー式のルームコロンを使用することもあります。

次は寝具。ベッドは無印良品のセミダブルを愛用しています。買い換えのときに複数の友人の勧めでこれにしましたが、ベッドの硬さが気持ちいいんです。枕もホテル仕様の物やテンピュールも試しましたがどれもいまいちなじみませんでした。二重あごとか肩こりも気になり、テレビでやっていた枕外来の病院が紹介していた自分の頭の高さにあわせた枕を愛用しています。材料はバスマットとバスタオルを組み合わせただけなんですが、寝返りが打ちやすいんでしょうね。割と気に入っています。

入眠の習慣としては、寝る前に入浴することとベッドの中ではスマホを見ないようにすることです。

体を清潔にして、良い香りに包まれて眠ることは大事な入眠儀式です。

このようにする事で朝の目覚めは素敵なまでに快適です。以前は窓から太陽光が射し込んでくるようにして朝起きしていましたが今は東部屋ではないので太陽光を演出する光目覚まし時計を使ったりしています。

睡眠環境をよくすればここまで快適になれますよ。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ